KENPOKU ART 2016 公式サイト制作
       
     
1A1E0C6811F59E90A6C13B55BFB83139.png
       
     
Portfolio_takai_170719_2.001.jpeg
       
     
KENPOKU ART 2016 公式サイト制作
       
     
KENPOKU ART 2016 公式サイト制作

2015.6 - 2016.9 茨城県庁 県北振興課 / N&A株式会社
https://kenpoku-art.jp/

概要
2016年秋に茨城県で初めて開催中の国際芸術祭「KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭」のクリエイティブ制作全般を担当。アノニマスな「公式の価値観」を押し付けるのではなく、様々な個人の「顔の見える主観の言葉」を軸に、様々なコンテンツの複合的な切り口から、芸術祭および茨城県北地域の多様な価値・楽しみ方を提示した。

背景
茨城県で初めて国際芸術祭を開催するに際し、クリエイティブツール全般の制作を依頼された。

アプローチ
初開催の芸術祭と茨城県北地域という認知の低い現状から、個々の制作に先立ち、ティザー期・開催直前・会期中のフェーズ毎にコアターゲットとWebコミュニケーションのタッチポイントおよびコミュニケーションプランを策定。芸術祭という旅の体験を実感できるよう、顔の見える個人のリアルな主観の言葉を軸に、WEBコンテンツやイベントをトータルでデザインした。

実施内容
・コミュニケーション計画策定
・情報設計
・アートディレクション
・コンテンツ企画

コメント
2016年だけでも片手じゃ足りないくらいたくさんの芸術祭が開催された。そのひとつである茨城県北芸術祭に関わるにあたって、アートが地域活性の道具に成り下がっていないか、という批評を避けては通れなかった。実際、ある側面から見れば芸術祭がアートを利用しているという面があるのは否めない。それに対してどうするのが正解なのかは今でも分からないけど、せめてそれに自覚的であろう、自分の手の届く限りは誠実であろうとは思っていた。
無責任に公式の「正解」や「楽しみ方」を押し付けるのではなく、ディレクターもアーティストも参加者も、それぞれの顔が見えてそれぞれの主観で語られるコンテンツ、というコンセプトを立てたのは、何がアートなのか、アートの役割は何なのか、そんな議論を提起する力と多様性を持つアートに対する、僕なりの誠意だったのだと思う。

1A1E0C6811F59E90A6C13B55BFB83139.png
       
     
Portfolio_takai_170719_2.001.jpeg